割り当てが大きければミス

自動車の事故は自分自身だけの事故と他人に影響を与えた車での事故が存在します。

自分だけで起こした事故の場合は、自分自身だけで事故の対応をすれば終了となりますが、第三者を含めた自動車の事故はお互いにどの程度ミスが存在したのかを調査してその結果によって故障した車の修復のお金が示談のお金等が決定されるので、車の保険会社の担当の方を交えてのやり取りが不可欠です。

普通の自動車事故の時互いにいくらかの間違いがある場面が多数で一方だけの過失を言及する時は少ないです。

当然赤信号で止まらなかったり、一時停止無視等は大きな責任になりますが被害を受けた側にも間違いがあると判断されます。

事故の時にはどの車の間違いで起こったかという決着が非常にポイントにされるのでこの結果を分かりやすく伝えるのが『過失割合』というものです。

例えば、先ほど登場した赤信号無視や一時停止を無視した状況なら、法律では相手にすべてのミスがあると思いますが、その場面で事故を起こした自動車が対面から来ており目で見て確認されたケースだったとしたら自動車の事故の被害者でも注意不足として10%ぐらいの間違いがあると判断される場合もあります。

この場合では事故を起こした相手が9割、自分が1割過失となりミスが大きいとそれなりの間違いが問われる事になります。

さらにこの過失割合はそれまでの事故判例をベースに結論付けられる状況が多数あり、日弁連の交通事故相談センターから明示されている基準表となるものが参考として使われます。

この過失割合で、割り当てが大きければミス、結果として損害賠償額も大きくなりますから事故後の交渉は本人同士だけでなく車の保険屋さんの係りの人を交えきっちりと相談する事が必要不可欠です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.healingtheheartoftheworld.com All Rights Reserved.