返済の免責の申請から前7年のあいだに免責

免責不許可事由とは自己破産手続きしようとした人に対して、このような事項に該当している人は負債の免除は認めませんとするラインを表したものです。過払い金請求 借金整理

ですので、端的に言うと支払いをすることが全然できないような人でも、この事由にあたっているならば負債の免除を却下されるような場合があるという意味になります。暇つぶしちゃんねる

自己破産手続きを申し立て借金の免除を得ようとする際の最大のステップがいわゆる「免責不許可事由」ということになります。アンボーテ

以下は主となる不許可事由をリスト化したものです。にこるん ニキビ

※浪費やギャンブルなどで著しく資産を減じたり膨大な債務を負ったとき。手島優 ニキビケア

※破産財団に包含される動産や不動産を明らかにしなかったり、破壊したり貸し手に不利益となるように譲渡したとき。車 売却

※破産財団の負債額を意図的に水増ししたとき。名刺 デザイン

※破産宣告の原因を持つのに特定の債権者にある種の有利となるものを付与する意図で担保となるものを受け渡したり弁済期より前に負債を返済した場合。

※前時点において弁済不可能な状態なのに、虚偽をはたらき貸し手を安心させて借金を借り入れたり、クレジットによりモノを決済した場合。

※ニセの債権者の名簿を役所に提出したとき。

※返済の免責の申請から前7年のあいだに免責を受けていたとき。

※破産法の定める破産した者の義務に違反した場合。

上記の8項目にあてはまらないことが条件とも言えるもののこの8項目だけを見て詳細な案件を考えるのは特別な知識がないなら難しいでしょう。

厄介な点は浪費やギャンブル「など」となっていることでも想像できますが、ギャンブルといってもただ具体例の中のひとつで、ほかにケースとして言及されていないものがたくさんあるというわけなのです。

実例として言及していない状況の場合は、さまざまなパターンを指定していくと際限なくなり定めきれないときや、判例として残っている裁判に基づく事例があるので各状況が該当するのかは専門家でない人には簡単には見極められないことが多いです。

しかしながら、まさか自分が免責不許可事由になるなどとは考えもしなかった場合でも免責不許可という裁定をひとたび出されてしまえば、判断が取り消されることはなく借り入れが残ってしまうだけでなく破産者という名の立場を7年間背負うことになるわけです。

だから、このぜひとも避けたい結果を避けるために自己破産を考えている段階でちょっとでも不安に思う点や難しいと感じるところがあるときはまずは破産に詳しい弁護士に相談を依頼してみて欲しいのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.healingtheheartoftheworld.com All Rights Reserved.