ですから借り入れ可能枠の良くない人こそ低利率で使えるように

ローンキャッシングした際、返済をする時には利息分を含めての支払いになるのは知っているはずです。

キャッシング会社は経営の利益を狙いとした企業ですから当たり前です。

そうはいっても返済する方は、わすかでも少なく返金したいというのが本当の気持ちでしょう。

利息制限法が実行される以前は30%近い金利返済していましたが、設けられてからは高利子でも年率18%位とかなり低く決められているので、とっても良くなったはずです。

現在のローンキャッシングの金利幅は4%位から18%位の間が用意されていて、利用限度額により決められます。

利用上限額は申込み本人の信用度によって決定されます。

総量制限により年収の1/3までと設けられていますので、一年の収入がいくらなのか?どういった仕事をしているのか?クレジットの利用履歴はどうなのか?もろもろ調査され与信金額としてキャッシングサービスの内容が決まります。

カードローンの場合使用可能額が10万円〜800万円(各社でサービスは変わります)と広い範囲があります。

そしてその幅の中で決定した利用可能金額により利息も決まるのです。

50万円なら18%、300万円なら年率12%、800万円なら年間4%といった感じになります。

つまり、査定が高ければ、与信金額も高くなり、利率も下がるというわけです。

これに疑念を覚えるのは自分だけでしょうか?余談になりますが、カード業者にとって、それらは常識なのでしょうが、収入の良い人がキャッシングができないと困るとは思えませんし、万が一キャッシングローンを利用した時でも利息が良かろうが悪かろうがお金の支払いに悩む事はないです。

反対に収入の低い人はすぐさま必要なのでキャッシングする人が多く、利息が良くないとお金の返済に苦労するようになるはずです。

ですから借り入れ可能枠の良くない人こそ低利率で使えるようにするべきです。

これは使う視点からの意見となります。

この事実を念頭に置くと、利子を少なくする為にはどうしたら良いのか、ぼんやりと理解したはずです。

現にこのようにして申し込む人が大多数なので知らせますと、キャッシングの手続きに申込みをする時に、一年の収入の1/3ぎりぎりの額まで申込みの手続きをするのです。

年収450万円なら150万円。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円で申込みのキャッシング審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分だけ利率が低いクレジットカードを持つことができるのです。

とは言っても全額キャッシングしなければいけないわけでもないのです。

10万円でも20万円でも必要な分だけの利用可能です。

そして上限利用枠が300万円で最低利率年率7%位の金融会社もあるのです。

その業者に手続きを申し込めばその会社の最低利子で利用できるようになるはずです。

どうですか?見方を変えるだけで低金利のカードローンを手にすることが出来るのです。

自分自身の一年の収入とローン会社の利率を照らし合わせて、検討する事に時間を費やせば、より有利な状況で返済ができるのですから、しっかりチェックするようにしなければなりません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.healingtheheartoftheworld.com All Rights Reserved.