www.healingtheheartoftheworld.com

自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と呼び略すと自賠責保険と言われる保険になります。保険は強制保険と呼ばれ、自動車を定期的に定められている車検に出す時は、定められた期間内に有効な自賠責保険に加入していなければなりません。わかりやすく言えば、全てのクルマが加入していなくてはならない保険ということです。それでは車に自賠責保険が付いた状態で手放した時にはどうか考えてみたいと思います。自賠責保険は車検時に更新になる場合が少なからず存在しますがもしも自動車損害賠償責任保険に入っている自動車を売りに出した際はその金額が返金されることはありません。なぜなら自賠責保険の効力をいったん消して次の所有権を持つ人シフトするのは面倒なのです。そのため、強制保険は名義変更をしてクルマとともに渡すことが普通です。しかしそれと同等の金額を買取額に乗っけてくれるものです。強制保険の場合は自動車税とは異なり支払った額を月単位で割り算した額が返還されるわけではなく、買取額に乗っけるというような手法がとられるのが通常ですが、この上乗せが見積もり表に載ることは稀です。ですので買取の場合は自賠責保険を考慮した金額が見積額に入っているかをチェックしてください。自分が納めた額がどの程度の額かだけでも頭に入れておけば、大丈夫でしょう。自賠責保険の加入保険料に関しては加入期間により変わってくるものなので、注意しましょう。自動車の買い取り時には自賠責の名義書き換えをすることを忘れずに。もし名義変更を忘れていたら保険会社より自賠責保険の満了お知らせが来てしまいます。売却を検討中の自動車がほんの少しでも無駄なく売却されることを応援していますね。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.healingtheheartoftheworld.com All Rights Reserved.